こくない

現役ヒッチハイカーが教えるヒッチハイクのコツ3つ

こんにちは。もりさと(@morisato726)です。

国内のローカルな地域を巡る旅も5ヶ月目に突入しました!!

これまでヒッチハイクで乗せてもらった車は70台ほど。

そんな現役ヒッチハイカーのぼくがヒッチハイクで車を捕まえるコツを教えます!

 

①行き先の書き方


まずは行き先の書き方。

大きく太く見えるように書く!というのももちろん大事なのですが、どこまで行くかを明確に書くことが大切です。

北や、南などの方角のみよりは地名を書いた方が、見た人が自分と関係があるように感じるので捕まりやすいです。

また、現在地からの距離も関係してきます。

例えば鳥取から東京を目指そうとすると中々そこまで行く人はいないでしょう。

だから、鳥取から大阪を目指し、大阪から名古屋、名古屋から東京のように距離をきざむということも大切です。

実際、長距離トラックにヒッチハイクで乗ることのできる確率は割と低く、乗用車で鳥取東京間のような長距離移動をする車を捕まえる事はまぁ不可能だと思います。

目的地までの半分、もしくは1/3のあたりを経由するようにして、きちんと地名を書くことが大切です。

目的地はまだ先でも止まってもらえさえすれば、連れていってくれる可能性もあります。

まずは止まってもらえるような行き先の書き方をしましょう。

 

②立ち方


これもめちゃくちゃ大事です。

まずは、立つ位置。

自分の後方に路肩などの停まりやすい場所があるかどうか。まずはこれを意識します。乗せてもらうには停まってもらわなければならないので、停まりやすい場所が自分より先にある事はかなり重要なポイントです。

そして、如何にはやい段階で見つけてもらうか。

はやく見つけてもらうことで判断するまでの時間ができます。

即決断できる人は少ないので、決断に至るまでの時間が確保できるような場所に立つと良いです。

また、はやく見つけてもらうために、目立つ格好をするなどしてもいいかもしれませんね。

 

③ひたすら話す


ヒッチハイクは乗ってからが本番と言っても過言ではありません。

目的地に着いてこそのゴールなので、乗っただけではまだ足りません。

その車内を「如何に楽しい空間にするか」ということを考えてたくさん喋るようにしています。

乗せて良かったと思ってもらえたら素晴らしいことですよね。

実際、僕も話が盛り上がり自宅を通り過ぎてまで送ってくださる方に幾度となく助けていただいています。

ヒッチハイクで乗せてもらえたからといって、車内で寝るのはあまりよくないですよね。

せっかく乗せてもらうのであれば、乗せてよかったと思わせたいです。

そのために自分の知ってる事はなんでも話すし、隠し事とかもしません。

乗ってからはお互いが楽しい空間になるように注力するようにしています。

ヒッチハイクのコツとして言い出したらキリがないですが、僕が意識してることを厳選すると上記の3つに集約されます。

ヒッチハイクをする際にはぜひ参考にしてみてください!

Follow me!

関連記事

  1. とらべる

    旅とは自分をゼロに近づける作業

    どーも。もりさと(@morisato726)です。今日は少し違った…

  2. こくがい

    デング熱にかかってからの僕の虫除け対策

    こんにちは。デング熱にかかって死の淵を彷徨っていたもりさとです。なんだ…

  3. とらべる

    人生に迷ったら遠くへ行こう

    こんにちは。旅が大好きもりさとです。突然ですが、皆さんは人生に迷った時…

  4. こくがい

    僕が海外旅行に行く時の持ち物をまとめてみた【必需品編】

    こんにちは。最近旅に出たくてうずうずしているもりさとです。海外旅行に限…

  5. こくない

    僕が旅に出た理由

    こんにちは!もりさと(@morisato726)です。国内のロ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. こくがい

    僕が海外旅行に行く時の持ち物をまとめてみた【必需品編】
  2. 未分類

    もりさとのプロフィール
  3. こくがい

    デング熱にかかってからの僕の虫除け対策
  4. ろーかる

    智頭町の疎開保険とは??
  5. ろーかる

    空き家活用は必要なのか?
PAGE TOP